HUB-SBAについて

1.HUBとSBA

2018年、従来の大学院教育課程を整理・統合し、一橋大学の総力を結集した「一橋ビジネススクール」(HUB)が誕生しました。新しい大学院は、日本語プログラムの経営管理専攻(School of Business Administration:SBA)と、英語プログラムの国際企業戦略専攻(School of International Corporate Strategy:ICS)という2つのスクールで構成されます。とくにMBA教育においては開講時間帯を昼間・夜間とするなど、多彩なカリキュラム・幅広い学びの機会を提供しています。

2.HUB-SBAのミッション

次世代のビジネスリーダーの養成 Captains of Industry

“キャプテンズ・オブ・インダストリー”とは、実業界のリーダーを意味しています。一橋大学は教育機関として、創設以来、数多くの優れた人材を育成してきました。

一橋ビジネススクールにおいても、その使命は変わりません。本学が担ってきた実業界のリーダーとなる人材の育成を、さらに一段高いレべルで実現することを目指します。

また一橋ビジネススクールは、研究についても世界最先端の成果を生み出し、国際的な研究のHUBとなる役割を果たします。

研究と教育が一体となって現実の問題や解決策を検討する状況を設定し、学術と実務の双方向の学びに基づいた実学の拠点を目指します。

3.HUB-SBAのプログラム

専攻 プログラム 概要 実務経験 開講時間 場所 言語
経営管理
専攻
経営分析プログラム(MBA) 商学・経営学をはじめとする社会科学の歴史を刻んできたキャンパスで、経営層としての活躍が将来期待される実務経験者や、高度専門職でのキャリアを希望する社会人・新卒の方を対象として、深い思考力と的確な分析能力の育成を図ります。 なし 平日
昼間
国立キャンパス 日本語
経営管理プログラム(MBA) 都心の企業・官公庁に勤務されている方を主な対象として、先端的なマネジメント研究に取り組む常勤教員による講義と、豊富な経験を有する実務家教員による講義を効果的に組み合わせて、将来を担う高度経営人材を育成します。 3年以上 平日
夜間土曜
千代田キャンパス
経営管理プログラム(ホスピタリティ)(MBA) 観光業をはじめとするホスピタリティ関連業界で勤務されている方を主な対象として、マネジメントの基本的な考え方を学ぶとともに、ホスピタリティ産業に固有の問題を考察することにより、ホスピタリティ産業の将来を担う高度経営人材を育成します。
金融戦略・経営財務プログラム(MBA) 様々なビジネスの場で活用できる金融・財務の知識とスキルを有した「金融プロフェッショナル」の育成を目指し、グランド・フレームワークの構築、計量分析能力の強化、経営実務の重視を追求したプログラムです。 2年以上