カリキュラム

2019年度 科目紹介・担当教員紹介

経営分析プログラムは、コア科目、選択科目、古典講読、ワークショップ、英語コミュニケーション科目、留学生プログラム(日本語学習科目、演習)の6つの科目群から構成されています。

コア科目
経営戦略、財務会計など、プログラムの基本となる科目群です。
選択科目
コア科目を補完する科目群で、専門性がより高い科目や、実務との関連性がより強い科目を中心に構成されています。
古典講読
1年次の夏学期に必修となる(留学生プログラムを除く)、「読み、書き、論じる」ことを中心とする経営分析プログラム独自の科目です。
ワークショップ
2年次に全員必修。各自の問題意識にしたがって調査・研究を進めるとともに、指導教員と参加者との討議を通じて、考察を深める場です。
英語コミュニケーション科目
1年次に置かれている英語コミュニケーション能力向上のための科目です。留学生プログラム以外の学生に必修となっています。
留学生プログラム
留学生プログラムでは、一般学生と共通の科目以外に、1年次に日本語学習科目と3つの演習を必修科目として用意しています。