教育方針

カリキュラムの特徴

経営・ファイナンス・マーケティング・会計などの基本的な知識の習得に加えて、高い視点と深い洞察に基づいて企業経営を構想するための独自のプログラムを提供しています。

①講義(コア科目、選択科目)
基本となるコア科目と、より進んだ内容を学ぶ選択科目を通じて、企業経営に関わる専門知識を蓄積するとともに、高度なマネジメントに不可欠となる深い洞察力と広い構想力を身につけます。また、英語コミュニケーションスキルを高めるEnglish Communicationを必修科目としています(留学生プログラムでは、English Communicationに代えて、日本語学習科目を必修としています)。
②演習(古典講読、ワークショップ)
1年次前半には古典講読が必修科目として設置されています。2年次に所属するワークショップは、教員やグループメンバーとの密度の高い相互作用を通じた学びの場になります。

HUB経営分析のカリキュラム体系

理論と現実の往復運動

学んだ知識が実際に活用できるよう、理論と現実の往復運動を重視します。理論がそのまま応用できるときは問題ありませんが、応用に工夫がもとめられることもしばしばです。そのような場合、現実に応用した後で理論に立ち返り、その応用が適切だったのか振り返ります。

理論と現実の往復運動

【深い思考力】

深い思考力とは、たとえ事業の将来が不確実なものであろうとも、高い解像度でその将来像を見通すことのできる推論力です。この深い思考力は、少人数教育と徹底的に読み・書き・考える学習プロセスにより習得が可能になります。