経営分析プログラムポリシー

ディプロマポリシー

1875年に「商法講習所」として開設された一橋大学は、その前身である東京高等商業学校・東京商科大学の時代から、客観的な分析力と深い思考力を備えた高度専門職業人を産業界を中心に数多く送り出してきました。

大学院経営管理研究科経営管理専攻修士課程経営学修士コースは、その伝統を受け継いで、企業経営に関わる高度な専門知識と分析能力を備え、企業や団体で指導的役割を果たす高度専門職業人材の育成を目的としています。

具体的には、深い洞察と効果的なコミュニケーション・スキルを併せ持つリーダーを育成すること、高度な専門的スキルに支えられた創造性を持つプロフェッショナルを育成すること、そして社会の健全な発展に貢献するための高い倫理性を備えた人材を育成することをその使命として掲げています。

本コースにおける学習を通じて理論・実務にわたる幅広い知識と深い洞察力を身につけることによって、修了後は、優れた企業・事業のあり方を創造的に構想・実現できる中核的な経営人材として、また高度な専門知識や分析力を駆使する専門職人材として、国内外で社会を牽引していくことが期待されます。

カリキュラムポリシー

一橋大学大学院経営管理研究科経営管理専攻修士課程経営学修士コース経営分析プログラム(以下、経営分析プログラム)では、企業経営に関わる基本的な知識と考え方を幅広く学習した上で、現実社会で生じる課題について深く分析して創造的な解決策を提案し、高い倫理性に基づいてそれを実行につなげ、社会を牽引していく経営人材を養成することに重点を置いています。

経営分析プログラムでは、経営学、マーケティング、会計、ファイナンスの4領域を中心とする「コア科目」に加え、各領域のより専門的な内容や先端的な考え方を学ぶための応用科目として「選択科目」を提供しています。コア科目では、基礎となる標準的な内容を体系的に理解していきます。選択科目では先端的な理論やトピックなどを、自らの関心に基づいて学べます。さらに、英語による講義も提供されており、日本語と英語の講義を併用して知識を深めることができます。このように本コースでは、企業経営を考える上で重要となる科目を体系的かつ段階的に配置しています。

これらの講義科目では、企業経営の諸問題を考える上で欠かせない理論を学ぶと同時に、ケース・ディスカッションやデータ分析をはじめとする実践的な手法を通じて、現実の世界と理論的な考え方を有機的に関連づけることで、実際の企業経営に適用するための能力も習得していきます。

経営分析プログラムは、社会人、新卒者、そして留学生といった国内外からの多様な受講者を対象に、平日昼間に開講されているフルタイムのプログラムです。その特徴として、多様性に恵まれた場での濃密な対話を通じて、お互いの価値観を尊重し合いながら、現実社会で直面する課題の分析能力と課題解決能力を高めることを目指している点が挙げられます。その中心となるのが1年次と2年次の演習科目です。演習を中心とする少人数の科目では、教員によるきめ細かな指導の下で「読む・書く・考える」というプロセスを繰り返すことによって、企業経営の諸問題を深く洞察して創造的に解決する能力を培うことができます。同時に、高い倫理性を備えた高潔な精神を育むことも、こうした少人数教育の目的です。

外国人特別選考を経て入学した留学生には、専用の科目群として、日本語学習を目的とした集中的な科目とともに、演習が提供されています。これらの科目群は、日本人学生と十分かつ円滑に討議するための土台を形成するだけでなく、修了後において高度なビジネス用語を日本語で駆使する能力を確実に定着させることを主眼に置いています。

以上のような体系的なプログラムを通じた学習の達成度を確認するために、本研究科では、ビジネススクール国際認証に対応した「学びの質保証」(Assurance of Learning)を実現するための調査を継続的に実施しています。その結果は、各科目の内容およびカリキュラム全体の改善に活用されています。

アドミッションポリシー

一橋大学大学院経営管理研究科経営管理専攻修士課程経営学修士コース経営分析プログラム(以下、経営分析プログラム)では、多様な人材を対象に、企業経営に関わる基本的な考え方を幅広く学習した上で、現実社会において直面する諸課題について深く考察して創造的な解決策を提案するための思考力を養成していきます。

濃密で負荷の高い学習が求められることから、入学にあたっては、企業経営や自らのキャリアに関する明確な問題意識とともに、高度な専門知識と分析能力を獲得する前提となる知的能力が不可欠となります。その知的能力の中心となるのは基礎的な思考力とコミュニケーション能力です。さらに、社会における様々な問題を解決する使命感と高い倫理性も不可欠です。

多様性を重視する経営分析プログラムでは、受験者の特性に応じて、一般選考・企業派遣特別選考・外国人特別選考・内部選考・特定大学選考を実施しています。社会人や新卒者、日本在住歴の長い外国人には、直面している課題を正確に理解して自らの考えを説得的に展開する高い能力が求められます。そのため一般選考では、筆記試験、英語または数学、口述・書類選考を課しています。一方、企業から派遣される受験者には、プログラム修了後に派遣元企業の経営管理層として活躍することが求められています。そのため、実務経験3年以上の方を対象とする企業派遣特別選考では、社会経験を通じて獲得した能力と深い問題意識を、書類選考と口述試験によって評価しています。さらに幅広い多様性を確保するため、日本滞在歴が通算4年未満で一定の日本語能力を有する外国人を対象とした外国人特別選考、本学の内部進学者を対象とした内部選考、本学が指定する大学からの進学者を対象とした特定大学選考を、それぞれ用意しています。